伊勢角屋麦酒のクラフトビール

古来より受け継がれた醸造技術を基に第21代目当主の鈴木成宗が1997年よりクラフトビール作りを開始しました。

2000年に Japan Beer Cup で金賞を受賞したのを皮切りに、2003年には日本企業で初となるAIBA金賞とベストオブクラスウィナー賞を受賞し、その後も数々の国内外のコンテストで受賞歴を重ね、2017年にはビール界のオスカーと呼ばれイギリスの審査会であるIBA(The International Brewing Awards)で金賞を受賞しました。その他にもWBC、BIIA、WBAなど多くの国際大会で受賞を重ねて来ました。

自然界のさまざまな場所や植物などから採取した酵母を培養し、高品質なホップを駆使して多種多様なビール作りをすることが特徴です。

近年は、アメリカ、カナダ、シンガポール、台湾をはじめ様々な国からの引き合いにより海外への出荷が増加中です。

≪主な受賞歴 ≫

2001年 『ジャパンビアカップ』アメリカンエール部門銀賞(ペールエール)
2008年 『インターナショナル・ビアコンペティション』
アメリカンスタイルブラウンエール部門金賞(ブラウンエール)
2009年 『ジャパンアジア・ビアカップ』ダークエール部門金賞(スタウト)
2014年 『インターナショナル・ビアカップ2014 横浜』
アメリカンスタイル・アンバー/ レッドエール部門金賞(レッドエール)
2016年 『ワールド・ビアカップ』セッションビール部門銅賞(ゴールデンドラゴン)
『オーストラリア・インターナショナル・ビアアワード』
アメリカンスタイルペールエール部門銀賞(ペールエール)
2017年 『インターナショナルブルーイングアワード』ペールエール部門金賞(ペールエール)

 

ALL DRINK MENU